イメージ画像


クレジットカードの現金化を考える

普段から使うこともあるクレジットカードには、ショッピング枠が付いているでしょう。
キャッシングとは違った枠になっているものですが、これを現金化する方法がクレジットカードの現金化なのです。
キャッシングとは異なる扱いになりますので、一般的にお金を借りるという方法とは少し異なります。

お金を借りるのは、クレジットカードを作るときに設定したキャッシング枠を使って借りることになるでしょう。
当然のことですが、上限まで達してしまえば使うことができません。
このキャッシング枠とは別に設定されているのがショッピング枠で、キャッシングの上限とは関係なく使うことができるのです。
この関係なしに使うことができるというのがポイントで、借金とは扱いが異なるものになります。
そのため、設定した枠内であれば、ほかの要因に左右されずに自由に使うことができるのです。

しかし、買い物をするためのショッピング枠ですから、お金を借りるためには使うことができないのがポイントとなります。
そこで、何か商品を購入するということから始め、次にこの商品を使って現金化するのです。
これがクレジットカードの現金化方法の基本的流れになります。

方法としては、何も商品を購入して売るだけという流れではありません。
商品の購入についてくるキャッシュバック商品を購入する方法が一般的ですが、金券といった換金性の高い商品を購入するというのも、方法と なってい るのです。
ショッピング枠をうまく使っていくというところがどの方法を選択する場合にもポイントになります。
あとはいかに効率よく行っていくかというところを考えると、キャッシングの金利よりも安く抑えることもできることだってあるのです。
ただし、多くの情報を集めておくことも大切ですし、行動力もなければ、こうした結果を得ることはできないでしょう。
簡単に現金を手にする方法になればなるほど、手数料がかかってきますので、さまざまな知識を身につけておくことが必要となるのです。

このページの先頭へ