イメージ画像


現金化も考えたクレジットカードのポイント活用

クレジットカードを使っていると、さまざまなポイントがたまっていくでしょう。
ポイント還元と呼ばれる仕組みですが、これによってお客を獲得しようと考えているからです。
各社競争に勝つために、さまざまな仕組みを導入しているといっていいでしょう。
それだけ利用者獲得にしのぎを削っているわけですが、クレジットカードの現金化にもうまく利用するべきなのです。

クレジットカードのポイント還元率は、0.5%~1.0%といわれています。
ところが、中には2%も還元するカードもあったりするのです。
これには仕組みがあり、普通に使っているとそこまでのポイントはたまりません。
ところが、自社のECサイトで購入した場合には差が付くようになっているのです。
自社で利用してもらえば、クレジットカードにポイントを付与したところで、それ以上の利益が発生するのですから、こうした差別化をしてい ます。
そこで、クレジットカードの現金化を考える場合にも、こうした仕組みを利用していくといいでしょう。

得られたポイントに関しても、活用方法はいろいろとあります。
金券が購入できるものもおおく、これを金券ショップに持ち込み、現金化することもできるのです。
これによって、還元率を補うことができるのですから、ポイントは見逃すべきではないでしょう。

ただし、0.5%~1%ですから、決して多くたまるわけではありません。
普段からクレジットカードをうまく使っておくことが重要で、いざというときに活用していくことが求められるからです。
たとえば、払わなければいけないものをクレジットカード出払ってしまいます。
ライフラインの支払いがポイントで、こうした公共料金の支払いもクレジットカードを利用することができ、ポイントもたまるようになってい るので す。
現金で支払っていたものをクレジットカードにするだけで、ポイントがたまっていくのですから重要でしょう。
コンビニで支払っていたりするのであれば、その場でATMを使い、クレジットカードの支払いに回すだけでたまるのですから、やっておかな い手はな いのです。

このページの先頭へ