イメージ画像


リボルビング払いの活用と繰り上げ返済

クレジットカードを使う場合、返済というものが出てきます。
一括で返済したりすることもあるでしょう。
2回までは金利手数料がかからないこともあり、うまく活用している人もいるはずです。
ですが、クレジットカードの現金化を考えている状況といえば、返済が簡単にできないことだって出てくることもあるでしょう。
そこでうまく活用していきたいのが、リボルビング払いです。

リボルビング払いとは、分割払いの一つと考えていいでしょう。
一定金額を支払うタイプの方法で、事前に決めた金額を毎回支払っていくことになります。
返済の計画がしやすく、わかりやすいというのが最大の特徴です。
返済に厳しい時期であっても、リボルビング払いであれば計画を立てやすくなりますので、返済が頓挫してしまうことを防ぐことができるで しょう。
その代わりに、金利は少し高めになっていることが多いため、よく考えた選択は求められます。

リボルビング払いのもう一つの問題が、計画はしやすいものの、いったい総額がいくらかわからなくなってしまいやすいというところがあるで しょう。
1回の支払いはわかりやすくても、その内訳までわかっている人はまれです。
つまり、回数もよく分からないまま、返済の計画を立てていくことになります。
どうしても、こうしたリスクが発生してしまいますが、返済は楽になるのです。
そこで、繰り上げ返済も考えていくといいでしょう。

繰り上げ返済とは、毎回の返済とは関係なく返済してしまう方法です。
なぜこの方法を利用するべきかといえば、この返済は元本に組み入れられるという点にあります。
返済をするにあたり、必ず利息がかかってきているでしょう。
リボルビング払いですから、定額を返済している中には利息が含まれているのです。
つまり、繰り上げ返済をすることにより、かなり早く返済を終わらせることができるということを見逃してはいけません。
ほんの少しずつでも行っていけば、負担は軽くなっていきますので、余裕を見ながら返済していくといいでしょう。

このページの先頭へ