イメージ画像


クレジットカードの現金化でありえない分割入金

誰でも同じことなのですが、お金が必要になるタイミングというのは、何か予告があるわけではあ りません。
突然お金が必要になってくるからこそ、どうしようか考えるでしょう。
事前にわかっているのであれば、対応策も考えていくことができます。
突然だからこそ、クレジットカードの現金化といった方法を使ったりすることを検討することになるのです。

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を使った方法で、決済も早いく審査もないため便利な方法として定着しつつあります。
いろいろな方法があり、自分で行えるものもあったりしますが、業者に依頼するというのが一般的で確実でしょう。
しかし、業者だからこそ、気を付けなければいけないこともたくさんあるのです。

その中で、一括入金ではなく、分割入金をするといわれることがあります。
分割でも、しっかり入金してもらえればいいではないかと思うかもしれません。
ですが、こうした業者は、高還元率を謳っていることが多く、その代わりに一括ではなく分割にするというのです。
何かおかしいと思うべきなのですが、高還元率というのが頭をよぎっていることでしょう。
98%といったものまで合ったりするからですが、そんな都合のいい話はありません。
この還元率にしていたら、業者の利益はどこにもないのです。
その上、分割で入金すれば、それだけ振込手数料が発生しますし、取引が無料だったとしても時間がかかり人件費がかさみます。
つまり、業者としては、さらに利益を喪失することになるのです。
利益を上げるためにやっているのにもかかわらず、損をすることがわかっていることをするでしょうか。

こうした分割を申し出るところの結末は、1回目の振込みの後消えてしまうのが定番です。
2度目からは、すでに振り込まれることはなく、どこかに消えてしまうことでしょう。
仮に入金をしたとするのであれば、次はもっと大きな取引を持ち掛け、そこで入金せずに消えてしまうのです。
よく考えればわかることですので、こうした罠にかからないようにすることが大切だといえるでしょう。

このページの先頭へ