イメージ画像


クレジットカードで現金を作りやすいオークションの使い方

クレジットカードの現金化の方法には、本当にいろいろなものがあります。
その中の一つとして、オークションを利用した方法は、かなり使われるようになってきました。
やり方としては至極単純であり、商品を購入しオークションに出すだけです。
オークションに出すためには、IDを取得するだけで済みますので、方法としても簡単でしょう。

問題は、どんな商品を手に入れるのかということにあります。
クレジットカードを使って商品を手に入れるわけですので、購入しやすいのは家電やPCパーツといったところでしょう。
こうした商品は、オークションで盛んに取引されています。
それだけに、入札される可能性が高く、早い段階で現金にすることができるのです。
還元率を考えないのであれば、相場から少しでも下げて出すことで、確実性を高めることができます。
1円スタートとすれば、ほぼ確実に入札が付いてきますので、その分だけ可能性が高まるわけです。
その代わりに、いくらで落とされるのか、リスクもついて回りますので、よく考えなければいけません。
最低入札額を設定しているのにもかかわらず、スタートを下げていたりするのも、あまり好印象を受けるものではありません。

一般的に、オークションで購入するものは、安く上げることができると考え利用しています。
あまり高額にしてしまえば、まず入札はされません。

もう一つ問題があるとすれば、オークションの取引履歴の問題です。
いきなり使い始めて商品を出しても、あまり好印象を受けず、入札を回避する人も出てきてしまいます。
さらに、商品を手に入れるためにオークションを使い、それを転売したりすれば、かなり危険な人だと考えることができてしまうのです。
履歴は重要な方法ですので、いきなり利用しようとしても、うまくいかなかったりしますので注意が必要でしょう。
いざというときのために、普段からうまく利用しておくことも、リスク管理としても重要なことといえるのです。

このページの先頭へ